トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g

[デジタルカメラ・ビデオカメラ,カメラ用交換レンズ] 時間:2021-10-19 14:04:33 ソース:ブックフェア 作者: クリック:155次数

トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g, デジタルカメラ・ビデオカメラ,カメラ用交換レンズ

トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g



長年ご愛好いただいた広角ズームレンズAT-X 124 PRO DX2の後継機として、テレ側の焦点距離を28mmまで延ばし、2000万画素の撮像素子に耐えられるように新規設計を致しました。常用広角スナップズームとして威力を発揮いたします。
■広角から準標準ズームレンズ 長年ご愛好いただいた広角ズームレンズAT-X 124 PRO DX2 (12-24 F4)の後継機として、テレ側の焦点距離を28mmまで延ばし、2000万画素の撮像素子に耐えられるように新規設計を致しました。画面周辺部の解像度を向上させ、テレ側28mmの光学性能も見直しており、準標準画角もカバー。また、データに出にくいカラーバランス、ボケ味などにも配慮いたしました。常用広角スナップズームとして威力を発揮いたします。 ■ガラスモールド非球面レンズと超低分散ガラスの採用による高次元の描写性能 P-MO非球面レンズを前群に配置。これにより後群に配置したガラスモールド非球面レンズと合わせ、ディストーションを補正しながら、各収差を理想的に補正しております。また、蛍石に限りなく近いSDガラス(超低分散)ガラスFK01・FK03の採用により、色収差の除去を図っております。 ■新機構の搭載 AF制御用センサーには高分解可能な[GMR(高精度磁気)センサー]をフォーカス駆動部直近に搭載し、高精度なフォーカス制御による素早いAFスピードを実現。さらに、新開発の[SD-M(Silent Drive Module)]の採用でAF駆動音の静穏性を高めています。 ■コンパクトなボディと良好な操作性 サイズは従来のAT-X 124 PRO DX 2そのままのコンパクト設計です。ワンタッチフォーカスクラッチにより、AF-MFの移行はピントリングを手前側へスライドさせるだけ。マニュアル・フォーカス時のフィーリングはピントリングに適度なトルク感があり、広角ズームレンズに要求される精密なピント合わせが可能です。 ※超広角レンズご使用の場合、画角周辺部のAFフレームにおいて合焦しない事があります。これは、超広角ズームは被写界深度が非常に深いためです。したがって、周辺部での合焦位置の検出が難しくなります。AF使用時はフォーカスポイントを中央部分に合わせて使用することをお勧めします。 ※ニコンデジタル一眼レフカメラ:D3、D4、D600、D700、D800などのFXフォーマットには対応いたしません。DXフォーマットのみ対応いたします。

タイプ広角ズームレンズ
焦点距離12~28mm
レンズ構成12群14枚
画角99.37°~54.73°
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.25m
最大撮影倍率01:04.9
フィルター径φ77mm
明るさF4
最小絞りF22
最大径φ84mm
全長90.2mm
重量530g
対応マウントニコン
付属品花型バヨネットフード
カラーブラック
カラーバリエーション・関連製品はこちら

(責任編集:)

38734

こうした様々な社会的要因を研究の俎上に乗せることによって,障害者を含む様々な社会的マイノリティにとって生きやすい社会を構想するための豊富な選択肢について検討することが可能になります。

従来の「バリアフリー」の研究と実践は,やや偏った前提の上に成り立っているという側面があり,多くは,あらゆる人々が既存の社会的な価値や規範にアクセスできるようにするための手段を見出そうとするもので,バリアフリーの研究/実践がかえってバリアを増大させるといった意図せざる結果も生まれてきています。そうした価値や規範のあり方自体を問い直そうとしていくことが重要です。この領域の「常識」をあえて疑いつつ,多角的な視点からの「バリアフリー」の教育研究を進めていければと考えています。

トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g, デジタルカメラ・ビデオカメラ,カメラ用交換レンズ

東京大学大学院学則第3条(課程の目的)には、大学院教育課程の目的が記されています。わかりやすく言えば、修士課程では幅広い視野、深い学識、専門的研究・応用能力を養成すること。博士課程では、自立して独創的な研究を行うことのできる高度な研究能力と豊かな学識を養うことが、それぞれの目的です。

まず、自分自身が、そうした気概と志と意欲とエネルギーを持っているかをしっかり考えて下さい。そして、「何のために大学院に入るのか」「大学院を出た後、何をしようと考えているのか」を問いかけて下さい。

トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g

    [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]
  • その上で、「教育とは何か」「教育学とは何か」「教育に関わるどんな研究をしたいのか」を深く思索してみて下さい。
  • 教育学研究科・教育学部は、人間発達を中核にして、学校・社会・文化・行政・国際・情報等様々な視点から、教育のことを思索し、分析するところなのです。
  • トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g, デジタルカメラ・ビデオカメラ,カメラ用交換レンズ

  • 人間発達は、知性・身体・感性の発達を基礎としています。それぞれを発達させつつ、一人ひとりの人間形成にいかに役立てていくかが、教育学研究科・教育学部の主要な教育・研究課題です。言い換えれば、からだを育み、心を育み、人を育む。そのための総合的・学際的・実践的科学が教育学なのです。
関連内容

トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g

おすすめ
クリック

トキナー(Tokina) AT-X 12-28 PRO DX (ニコンFマウント/APS-C) 新作,定番 4961607696675_zMe5zl4g, デジタルカメラ・ビデオカメラ,カメラ用交換レンズ

相互リンク