大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k

[炊飯器,パナソニック] 時間:2021-10-19 08:08:49 ソース:ブックフェア 作者: クリック:193次数

大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k, 炊飯器,パナソニック

大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k




■ Panasonic(パナソニック) ■

SR-KB055-K パナソニック IHジャー炊飯器(3合炊き) ブラック


◆ 主な特長 ◆

◆「ダイヤモンド釜」を搭載したコンパクトな3合炊きの炊飯器。
◆お茶わん1杯からおいしく炊け、少人数世帯にぴったりです。
◆キッチンにすっきり置けるコンパクトデザイン
◆タイマー予約:1メモリー
◆ふた加熱板丸洗い

◆内釜:ダイヤモンド釜 厚さ1.5mm


◆ 主な仕様 ◆

カラーブラック
容量0.54L(3合炊き)
内釜ダイヤモンド釜(厚さ1.5mm)
本体サイズ(約)幅22.2×奥行25.4×高さ17.6cm(ふたを開けた時の高さ:36.0cm)
重量約2.7kg
消費電力約650W
メニュー7メニュー、白米・無洗米・炊込み・炊きおこわ・おかゆ・玄米・雑穀米
操作部オレンジ液晶
付属品しゃもじ、しゃもじ受け、計量カップ


(注)仕様は予告無く変更される場合があります。メーカーのホームページもご確認下さい。




(責任編集:)

33291

て、自らを責《せ》め苛《さいな》む心は皆無であった。[#中央揃え]××礼拝堂に一歩踏み込んだところで、綺礼は死の気配を察知した。僅かな血臭《けっしゅう》と、さらにほんの僅かな硝煙《しょうえん》の残り香。何者かが神の御家において許されざる狼籍を働いたのは間違いない。待ち伏せの気配はなかったが、それでも綺礼は慎重に足を運んで、信徒席の間を抜け――そして祭壇の前まで来たところで、その傍らに路《うずくま》る人影に気がついた。「父上―

―」口を衝いて出た呼びかけは、だが虚しいものだと知れていた。代行者として鍛《きた》えられた彼の観察眼は、璃正神父の姿を認めると同時に、その背中に穿たれた弾痕と床の血溜まりにも気付いていたからだ。頭の芯《しん》が痺《しび》れたような心地のまま、綺礼は父の骸を子細に検めた。カソックの右袖を捲《まく》り、腕に刻まれた預託令呪の数を確認する。案の定、一画だけ足りない。璃正は管理していた令呪の一画を誰かに譲渡し、おそらくはその相手によって殺された

大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k, 炊飯器,パナソニック

。キャスター討伐に功績のあったマスターの一人が、共闘者たちにまで報償が分配されることを厭って凶行に及んだのだ。推し量るまでもない顛末だった。だがいかに魔術師といえど、死んだ老神父の腕からありったけの令呪を奪い取ることはできなかったのだろう。監督役の預託令呪は聖言によって保護されている。本人の許諾なしに、魔術によってこれを抜き取ることは事実上不可能だ。唯一、秘密の聖言を知る璃正が死んだ今、前回の聖杯戦争から持ち越された令呪はすべて、ただの

死斑《しばん》に成り果てた。――否、それを良しとする璃正だろうか?綺礼は父の右手を取り上げ、その指先に、出血とは異なる血の付着を見咎めた。こすりつけた痕跡がある。璃正神父は今際のきわに、自身の出血に指を浸して、それをどこかに擦りつけたのだ。そうと解った上で探せば、血文字はことのほか簡単に見つかった。床板に、赤黒く掠れた筆致で記された遺言は、『jn424』――信仰と無縁の者ならば、それは意味不明な暗号とでも思えたかもしれない。だが璃正の敬

大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k

    [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]
  • 虔《けいけん》さを受け継いだ綺礼にとっては、その意味するところは歴然だ。ヨハネ福音書4:24。その聖なる文言を、綺礼は記憶にあるがまま諳《そら》んじる。「神は御霊なり。故に神を崇める者は、魂と真理をもって拝むべし――」その声に呼応するかのように、冷え切った璃正の右腕で、すべての令呪が淡い輝きを取り戻す。ひりつくような鈍い痛みとともに、ひとつ、またひとつと己が腕に転写されていく令呪の光を、綺礼は言葉もなく見守った。紛れもなくそれは、父が息
  • 子へと託した信任だった。自身の骸《むくろ》を最初に見出すのは息子であろうと、そう璃正神父は信じた上で、聖職者にのみ判じうる符号を血で書き記したのだろう。令呪の管理を預かり、聖杯戦争の在り方を正しく守護するという監督役の重責。それを引き継がせるに値する聖人であると、そう息子について確信し、最後までそれを疑うことなく逝ったのだ。綺礼が新たに手にした令呪を秘匿し、今なおマスターとしての権利を温存していたことも知らず――ただの気まぐれで、恩師時
  • 大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k, 炊飯器,パナソニック

  • 臣に仇なす災いの種を秘め育てている事実も知らず――「――ッ!」頬を伝い落ちる滴《しずく》の感触に、綺礼は愕然となって顔を押さえた。父親の亡骸《なきがら》と、その遺志を前にして涙する……それは人として当然のことだろう。にも拘わらず綺礼はそのとき、まるで奈落の縁で足場を踏み損なったかのような、半ば恐懼《きょうく》にも等しい混乱に囚われていた。直視してはならない。――内なる声が、そう厳然と自戒する。いま心に湧き上がる感情を、言峰綺礼、おまえは
関連内容

大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k

おすすめ
クリック

大人気,格安 SR KB055 K パナソニック IHジャー炊飯器 3合炊き ブラック smtb k ky auc-gion-sr-kb055-k, 炊飯器,パナソニック

相互リンク